株式の世界分散投資は幻想…資産クラスで分散しよう

資産運用

こんにちは。ともゆき(@tomoryman)です。

 

2018年10月10日、好景気すぎたNYダウ平均株価が調整に入り、世界同時株安が発生しました。

いわゆる「おはぎゃあああ」ってやつです。

 

ともゆき
ともゆき

市場には逆らえない、インデックス投資家の辛いところよ…

 

ところで、あなたの持っているインデックス投信やETF。

「インデックスファンドが分散投資してくれるから大丈夫!」って盲信してませんか?

運用実績とネットの評判だけで買っているその資産、本当に分散投資されてますか?

 

スポンサーリンク

株式を世界分散しても効果なかった

何が起きたかざっくり書くと、こんな感じです。

  • 10月10日 米国株急落
  • 10月11日 米国の煽りを受けて世界同時株安
東証寄り付き 急落、下げ幅800円超 世界同時株安の様相: 日本経済新聞
11日の前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は急落している。下げ幅は一時800円を超え、2万2600円台に下落した。取引時間中では9月13日以来の安値。

【世界の下落率】

  • NYダウ平均株価 3.14%↓
  • 日経平均株価 3.89%↓
  • 上海総合指数 5.22%↓
  • ロンドンFTSE100 1.94%↓

さんざんな結果です。

ダウ本人より、アジア勢の株価下落率が大きいのも痛い…

 

さて、ここに世界中の株式へ分散投資するETFやインデックス投信があります。

“全世界へ広く分散投資!”

“カントリーリスクを軽減!”

 

これらは本当に、リスクを分散できているのでしょうか?

 

アセットクラスで分散しよう

世界中の株価は米国株に連動する。これがいまの株式の現実です。

  • 米国株が下がれば、世界中の株価が下がる。
  • 米国株が上がっても、世界中の株価は上がったり下がったり…

 

インデックス投資家のすごい人たちは、「世界分散より実は米国株インデックスの方が優秀かも」という説を日夜研究してるそうな。

 

つまり、株式だけで価格下落リスクを分散することはできません。

「卵は一つのカゴに盛るな」という投資の名言がありますが、バラバラに分けたはずの卵は、実は“株式”という大きなカゴに盛られていたのです。

 

もしあなたが分散投資で安定した収益を望むなら、債券やREITなど、複数のアセットクラスを購入してリスクを分散しましょう。

 

値動きの異なる多様な資産に分散投資することで、収益チャンスを広げ、価格変動リスクを抑制することができるとされています。

引用 大和証券 金融・証券用語解説

 

アセットクラスの購入割合で資産配分を整え、価格変動リスクと期待リターンを自分好みのバランスに調整するのです。(これをアセットアロケーションと言います。)

 

資産配分の比率と得られるリターン・リスクを確認するなら、無料の「myINDEX 資産配分ツール」がおすすめです。

『myINDEX 資産配分ツール』

 

分散投資といいつつ高配当な株式インデックスばかり買い漁り、値動きの少ない債券を見て見ぬふりしているそこのあなた。

お気をつけください。

 

ともゆき
ともゆき

長期的に見ても一番リターンの大きい株式に全ツッパ!資本主義バンザイ!

 

まぁ、それもアリですね。

 

 

※ちなみに、このブログを書いてる10月17日は、ダウ平均株価が反発して500ドル戻してます。

米国株、大幅反発 好決算相次ぎ心理改善 ヘルスケアやハイテク株買い: 日本経済新聞
【NQNニューヨーク=戸部実華】16日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に反発し、前日比547ドル87セント高の2万5798ドル42セント(速報値)で終えた。上げ幅は3月下旬以来の大きさ。16日朝に好決算の発表が相次ぎ、投資家心理が上向いた。

 

ともゆき
ともゆき

なんだ、ただのバーゲンセールだったのか。焦らず買い増せばよかった…

 

コメント