住民税決定通知書の読み方をざっくり解説

税金

こんにちは、ともゆき(@tomoryman)です。

6月になると、会社から「都道府県民税 特別徴収税額の決定通知書」なる紙切れが渡されます。住民税の金額が決まったよ〜というお知らせですね。

サラリーマン
サラリーマン

あれ、何が書いてあるのかよくわかんないから、じっくり見てないんだよね。

そんな貴方のために、住民税決定通知書の読み方をざっくりまとめました。ご査収ください。

Sponsored Links

住民税決定通知書の読み方

住民税決定通知書には、あなたがどれくらい稼いで、税金が免除されて、毎月請求されるのか、その算出根拠と金額がすべて列挙されています。

でもこの通知書、住民税の算出方法や計算の流れが、素人目にはまったくわかりません。

ともゆき
ともゆき

会社も「ハイこれ。」って渡すだけ。みんな不親切なんだよな〜

そこで、住民税決定通知書の計算の流れや各項目について、ざっくりペライチにまとめてみました。

お手持ちの通知書と見比べてチェックしてみてください。

かなり大雑把にまとめてますので、解説していない項目は自分で調べてみてください。。。すみません。。。

さらに一歩先へ…

当たり前ですが、これは住民税が決定した通知書なので、今から減額することはできません。おとなしく払いましょう。

それでも、今後はもっと節税したいという意欲ある方は、以下の項目に控除額が入っているかチェックしてみてください。

  • 摘要欄に寄附金税額控除額があるか。(ふるさと納税をすると記載される)
  • 小規模企業共済等掛金控除はあるか。(iDecoを利用すると記載される)
  • 生命保険料控除はあるか。(上限28,000円)
  • 地震保険料控除はあるか。(上限25,000円)

上限いっぱいまで使うことが最適とは限りませんが、自身のライフスタイルに合わせてうまく所得控除を活用していきたいですね。

まとめ:住民税をチェックしよう。

ふるさと納税はおトクだと知っていても、申し込みや確定申告が面倒だとかで活用してない人、けっこういるそうです。

その根っこには、「自分がどれだけ税金を支払っているか知らない」という問題が潜んでいると思います。会社が全部手続きしてくれるサラリーマンならなおさらです。

住民税の決定通知書を、自分の納税額を知る数少ないチャンスだと思って、きちんと目を通すようにしましょう。そうすれば自然と節税意識が芽生え、お得な制度やニュースに敏感になる…かもしれません。

ともゆき
ともゆき

昇給は望めなさそうだから、節税で手取りを増やすスタイル。

コメント